FC2ブログ


facebook

★こちらのほうが更新早いかも★




寒中お見舞いもうしあげます^^
久々のアップです
どうぞよろしくお付き合いくださいね~
ではでは、ポチ!の無心も毎回ですが^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
IMG_9284.jpg
これはまだ蚊がいた頃だわ
IMG_9325.jpg
クリスマスのベル
IMG_9699.jpg
これは
IMG_9700.jpg
一目惚れのくま
IMG_9701.jpg
この子の顔が一番優しかったのよ
IMG_9702.jpg
はじめまして
IMG_9705.jpg
いつもは最初に御料理のことなどなど、なんだけど
IMG_9709.jpg
ちょっと間空きすぎたし
IMG_9710.jpg
写真たくさん溜まってるし
IMG_9711.jpg
さてなにからはじめよう
IMG_9714.jpg
たった2つのことね
IMG_9718.jpg
あたしは写真の容量が大きすぎて
このブログも有料で書いてるの
IMG_9719.jpg
1月22日が期限で
さっき延長したところ^^
IMG_9721.jpg
3千なにがし、支払ったよ^^
IMG_9723.jpg
こういう子がモデルだと
全くストレスなく写真が撮れます
IMG_9685.jpg
ね^^
fc2blog_20190115233107879.jpg
これまで何度もブログ書きながらクリスマス
みんなで迎えたよねー
fc2blog_20190115233156068.jpg
だから
いつかきっとね
いつかきっとここで会いましょう
fc2blog_20190115233001d86.jpg
ある読者さんだ
ずいぶん古くからお付き合い頂いてる
最初はFACEBOOKからだった記憶がある
「ちわばらさん
プラセンタ注射って銀座で打ってるんですか?
私の友人が銀座で・・・・」
fc2blog_2019011523321795a.jpg
その友人ね、銀座の病院でプラセンタ打つ予定だったんです

その前に血液検査をしたらしく
結果
すぐに入院
わたしに知らせがあったんです
fc2blog_20190115233240afd.jpg
癌が全身に転移してどうしようもできない状態でした
若い辛い時期
励ましあって過ごして結婚して一緒にママになりました
ずっとこれからも支え合っていけると思ってた無二の友人でした
fc2blog_20190115233301139.jpg
病室はホテル並みの内装に夜景が凍るほど綺麗で
そのドアを開けたとき
私は最初のひとこと
「いままで。。。わからなかったの?」
「うん」
と力強くうなずいた友人の目が
今も忘れられません
ただ私は彼女に抱きついて泣きました
fc2blog_20190115233358bae.jpg
彼女は私にメールで
「優雅にここで最後を過ごすね
資産のことも専属の先生にお願いして今月中に終わると思う」
fc2blog_20190115233422696.jpg
「子供たちのことも心配ないから
生まれたときから我儘いっぱい
やりたいことは我慢せずできた人生
思い残すことなく幸せ
本当に幸せな人生だった」
fc2blog_201901152330422b9.jpg
ずっと大切に保管してあったメッセージ
ガラケーに電源を入れて目覚めさせ
彼女は私に語ってくれた
fc2blog_201901160008412ba.jpg
最後にひとめワンちゃんに会いたいって彼女
首に留置してある点滴外して家に帰ろうとしたんです
そしたら針で刺されるような激痛が走って
断念したんですが。。。。
fc2blog_20190116000920045.jpg

彼女になにもできなかった気がするんです
お葬儀のとき
初めてお会いする優雅なママ友たちの中で私
浮いてたし
棺に収めてあった赤いブランドのワンピース
それはとっても彼女らしいんだけど
でも
ほんとうは彼女
私の結婚式にも着てきてくれた
お着物姿で旅立ちたかったんじゃないか、なんて
勝手に、、、、一人で思っていました
fc2blog_201901160010183f3.jpg
6年前の話だという
私はこの読者さんのお話が
6年間ずっと封印したまま
風化されずに彼女の胸の中にあったと確信した
なぜなら
この二人のこの病室での時間が
私の胸に、脳裏に、
見たかのように焼き付いてしまったからだ
fc2blog_20190116000950e9e.jpg
うまくいえない
けど
この思い出の箱を6年を経て私の前で開けてくれて
私なりに理解して受け止めたことで
亡くなったご友人は最後にワンちゃんに会えただろうし
着物姿で旅立った気がするのだ

過去は塗り替えられるし
国境のみならず生死を超えても届くものはあると思ってる
fc2blog_20190115233730500.jpg
12月14日は我が家のリーダー
アーちゃんの誕生日で
そしてあなこバンビの命日だった
fc2blog_2019011601280680c.jpg
この夜
ずうっとピョンがクンクン鳴いていた
マーも泣いていた
fc2blog_201901160125181c0.jpg
ムーがいなくなってはじめてのアーの誕生日
fc2blog_20190116012626bc3.jpg
ムーがいたときとは全く違うアーの表情を
見た途端
声をあげて泣いたというチワワ飼いさんがいた
あたしもこの画像は息もできずにシャッター切った
fc2blog_20190116012729543.jpg
1月11日はティの誕生日
生きていたら15歳
あと数分で11日になろうとしたとき
ちょっとお久しぶりなママからメッセージが届く
もしかしたらいまだに、ティの誕生日を覚えてくれてる?と期待したら、
それは、、、
わずかたった10秒の
暗闇で雪が舞う動画
「さむい」とたぶん、その送り主さんの声だろう^_^同時に窓が閉められるだけの動画
センスがいいママさんだけにどうも不思議、、、
どうもティにハッピーバースデー動画ではなさそうだった
あたしはすぐに
fc2blog_20190116013707caa.jpg
こんな画像を送った
そのままさんから
「雪をちわばらさんに見せたくて
でも
暖炉の火とマーちゃん見たら暖かくなりました」
ときた
明日
ティの誕生日なんだ
とあたしが言うと
「ティ王子の??
それはそれはハッピーバスデー」と
やはり意識して送ってくれたんじゃなさそう
あたしは思い切ってきいた
「この動画
どうして私に送ってくれたの?」
fc2blog_201901160204367e0.jpg
fc2blog_20190116012646f28.jpg
アーは雪国の冬に生まれたの
「だから北海道の私に伝言頼んだんですね。
アーちゃんは」
写真5556
アーを迎えて一週間ほど
深夜
アーを抱きしめてじっと見つめた

いま
魂が入った
とアーの目を見て思った
「ティを頼むね」
生涯をかけて守り通してくれたアーは
死してもなお
遠くからこうやって
私に送ってくれている
fc2blog_20190116000811e1e.jpg
6年前の冬
夜景の美しい
白い病室で抱き合った彼女たち
それからわずか二週間後
若き友人を失った彼女の喪失感
その気持ちを全部
神様が大切にあたしに運んで来てくれて
この二人に神様が会わせてくれた
そしてアーの気持ちにも触れることができた
神様の糸はずっとつながっている
あなたはわたしのだいすきさん

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




















指けがしてから、上から給水しかできなくなった~~~
タンク重いんだよねー






























これハイブリットでいいかも



にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

★チワワブログランキングへ★


おうちごはん ブログランキングへ





























おすすめペットシート
 






生肉を50パーセント以上使用の国産フード






最新記事