連休初日
あいにくのお天気ですがいかがお過ごしですかーーー?
あたしはきのうヒートテック買って着込んでます

今日もぽちっとしてから読んでねー

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村








きのうゆい忘れてた!

フルーツタルトの上から

ゼラチンを水溶きしたものをほどよく塗ると
ツヤツヤに仕上がって

見栄えだけじゃなく、
水溶きしたものにキッシュなど香りの良いお酒を加えたり、砂糖を加えることで
フルーツの味が一層よくなります



かめら見ます^ ^すにこ。





あなこの食事風景です



やはり、後ろ足で踏ん張れるようにしてあげることで

やる気

が出るようです、あなこ^ ^



これは本日



これはきのう



二年前

発作を抑えるのに使う麻酔

これで喉の神経も麻痺して

水もスポイトではむせるので、
無菌棉に水を含ませて舌を湿らせたりしました




優しくて繊細で
それで数々の悲しい思いもしてきて

それでこうやって踏ん張ってるあなこ

あたし
ムーにとってアーは先生で



マーは未知の憧れで





バンビに一番こころ許してた気がする

じゅんままが覚えてくれてたけど

ムーが去る前
ものすごくものすごくバンビにありがとうをしてた

それはシャッター切る指が追いつかないほど

それは悲しいほど

不吉なほど


これはムーが去る二日前













この時

まさか最後とは思わなかった


けど

ムーがほんとうにバンビにありがとうしてた




ぴょんが驚くほど





眉毛になるほど!


だからバンビ

頑張ってる、、っていうか、、、

楽しんでると思うんだ!!











にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村



















あたしも洗えるのにしてみた!






もうこんな季節ねぇ



















にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

★チワワブログランキングへ★


おうちごはん ブログランキングへ

しつこく二個目の更新です

でーーーーまずーーー
ぽちっとしてくださーい!!

本日の順位が出るの^^楽しみ^^


にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村





IMG_0204_20171002174637383.jpg


再開して間もなく一ヶ月

かつてSNSで知り合った方々との個人的な(非公開な)メールや電話はいったん元に戻す勝手なあたし、

でも

今までからみのなかった方々から多くのメッセージを頂き

驚きそして感動しています。



あたし勝手な人間だから
誰かの為に書いてるんじゃないし
お商売損得でもないし
感謝されたいからでもない

アーを失って一ヶ月
前歯4本全滅顔面強打ありました

痛かったけど
その間
心の痛みから解放されてました

「アーめ
わざとやったな^^」
と思って涙が出ました

少しずつ歯の痛みから解放されて来てしまって、

いまここで記事を書く事が歯の治療の代わりな気がします。



IMG_5341.jpg

アーと最後の冬

IMG_5262_20171002174651f47.jpg

早春

誰より早く咲くミモザ

IMG_5261_2017100217464996f.jpg

あたしはほんというと

誰よりバンビの顔が好きです

IMG_5317_20171002174652069.jpg


あれから二回ほど天空に呼ばれたあなこ

おかげであたしゃー歯医者さんはやめて

スーパーだけ走って行って来た^^

IMG_9409_2017100217471292f.jpg


今日はスー君の話をします

聞いてね

fc2blog_20171002181710d4c.jpg


酸素室から出て来ると

アーは必ずこの場所に来ました


あなこのクワンクワンでも嬉しそうな顔

いつか言った

この後ろに空気清浄機があるから

空気がよく流れてるところを好んだのか?って思ってる


fc2blog_2017100218233920e.jpg


アーを眠らせてから

すーはずっとここにいた


fc2blog_20171002181609c24.jpg


アーが好んだ場所

白いヒヤシンスを背にいつもいた

これは亡くなる2日前


fc2blog_2017100218194978b.jpg


ヒヤシンスの花は散ったんだけど


fc2blog_201710021821085a7.jpg


スーはずっとここから動かなくて

fc2blog_20171002182241cc5.jpg

誰か言ってた
そうブロ友さんで

「スー君のおめめにアーちゃんがいた

だからアーちゃんは今は見えないところに行ったと感じた」って


fc2blog_20171002182028bf2.jpg

このときから


庭に出すのやめたんだ


fc2blog_201710021822045a0.jpg

水色の窓のした

アーが眠る

この時はまだ

土をふかふかにして周りに花を植えていた


fc2blog_20171002181909537.jpg


アーがいなくなって三日後

桜が咲いた

fc2blog_2017100218183991e.jpg


【アーに桜を見せてやりたい】

とムーのこゆびとが涙ながらに語った

あたしは自分が生んだ子だから言う
その言葉は「あんた」がアーと見たい

という気持ちでしかない、と


だから言葉ってあてになんない

IMG_0185_2017100217463307c.jpg

二度ほど同席したことあるカメラマン

作家でもある藤原新也さんの本

IMG_0186_201710021746342cd.jpg

【あの人骨を見たとき

病院では死にたくないと思った

なぜなら

死は病ではないのですから】

IMG_0187.jpg


知人がアーの少し前に愛犬ちゃんを腕の中で見送った

臨床検査しの知人は冷静にその時の様子を語ってくれた

「よせばよかったのに私

水をあげちゃったの

スポイトで

それが最後の死水になっちゃった」



この作家?写真家の小説に「尾瀬に死す」というのがあって

そこに

尾瀬で最後の水を一口飲んで亡くなる愛妻の様子が描かれている

「よせばよかったのに。。。」

と後悔してた友人にその部分の描写を伝えた

決して悔やむことではないと伝えたくて。

アーは最後にストロベリーアイスを舐めた

しっかり舐めた

あれはあたしへの感謝だったと思っている

つまりあたしはアーにコソクにも
感謝の催促をしたのだ

IMG_9415.jpg

たったいまのスー君

IMG_0147.jpg


お袖ちょっと切りました^^

IMG_9372_20171002174655d64.jpg


(きのうのパン)

いま

メッセージをくれたママがいる


このママも、どんなに心配でも

アーのことをあたしが
話すまで尋ねて来なかった


「あなたは

一度もアーのことを聞いて来なかった

その優しさに感謝してる」


といったら


IMG_9386.jpg

(夕べの牛丼^^)




「悩んで悩んで

まつれんしゅーをしています

そうメッセージ送っちゃいました


なやんだけど。。。

ちわばらさんにいつか帰って来れる場所があるんだって伝えたくて・・・・」

って

「すみません

なまゆきでしたね」

と次のメッセージが来たときには

既にあたしは泣いていた


読んでくれてありがとう〜〜〜



ねーーー
それにしてもAちゃんじゃあるまいし

なんで肝心な美しい話で牛丼がでてくるかねーーー鯛焼き^^




いいね!の代わりにポチッとしてね〜〜〜〜


にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村











ここに尾瀬に死すが収録されてる





「 死は生の水準器のようなもの
死は生のアリバイである」






にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

★チワワブログランキングへ★


おうちごはん ブログランキングへ

まず最初によろしくのぽちーーー^_^

してもらえると頑張る、と思う!


にほんブログ村 犬ブログ チワワへ



にほんブログ村
















あの日からずっと

ここにあるパン




【ちわばらさん、

アーちゃんが

パンの匂い嗅ぎたいって

そう聞こえた】

とワン友さんから電話あり

あたしは急いでパンを焼いた




アーが倒れてから

なにかつーと

崎陽軒シウマイ弁当だったもんね




それは

アーが旅立つ前日


正確には


数時間前だ



ちょうどその頃

妹(左側の文)が

こんなことを言って来た


酸素室のアーを


「あーちゃん

あーちゃん

あーちゃん
どうしたのぉ?」

とひざまずいて撫でていた


【アーに似た子っていないね】

とあたしが言ったら


【似てたらもっと辛くない?

あーちゃんじゃないんだもん】




この友人が言ったあと焼いたパン


アーは食べたんだ


いまその動画を見てて
あまりの辛さにしばらくフリーズしてた(ので、これは数日前の画像)


友人に


『ありがとう、たべた』と涙ながらに電話したら


《私の言葉は
アーちゃんが言わせてたんだと思うよ

何が何でも治そうと鬼にならずに

食べたかったら食べて、
食べたくなかったら またあとで、と


穏やかな気持ちで接してあげてね》


そらに

《そういって最期を迎えた子は
お顔を見ればわかるから

その時のお顔が全てよ》


あたしは大声で泣いた




絶対にぶれない気持ちを持っていたつもりだった


行きつけの獣医でアーを診断してもらい


【この病気に画期的に効く薬は

うちでは処方できない

処方できるのは心臓専門のJ病院です

車で1時間

ご紹介はできます】


悩んだ

揺れた





そのころ

むーのこゆびとの知人が

そのJ病院で心臓の手術をし

目覚めて間も無く亡くなっていた

が、
その飼い主さんは、

【いまもやるべきことをやった、後悔はない

おすすめです】

あたしは弱い人間だ

むーのこゆびとが

このまま自然の力に任せるのか?

アーに今年の桜を見せてやりたい

どうしてもいってくれ





あたしは弱い人間で


その病院に電話をし

『その子は動かせないがデーターを持っていくので
クスリを処方してもらえないか?』

そして了承された

すべてのデーターを40センチのバーキンに詰め込み
着替えて降りて来たとき

アーは一瞬

酸素室から出ようとした

外出するのがわかっているからだ


タクシーに乗る

【急いでください】


いそいで、っていわれてもねーー

【子供が危篤なんです】

お気持ちわかりますが、、


の後


運転手さんは猛スピードで病院につけてくれた


白衣の獣医師との会話もメモもすべて記憶にも記録にもあるが

避ける


でも
この話だけはしよう



薬を処方されて帰りのタクシーの中

すこし方言がある運転主さんに

【東北?】

【山形県から】


そーぉ、、、

とあたしは窓の外を見る

アーを思う

運転主さんが言う

【田舎に帰るとね

こっちで育った自分の子供たち


方言わかんないんだけど、

田舎の遠縁の子供達がみーんな山形弁で話しかける。

そうすっと
うちの子供たちが

わかってんだかわかってないんだか

でも笑うんだ

それでみんな笑うんだ】


東北の子供たち

横浜の子供たち

仲良くみんなで笑ってる☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆


窓の外を見ながらあたしは

ポロポロ泣いた






この薬を飲ませ

荒い呼吸はますます荒くなり


病院に電話するも続けて欲しいと





この薬を飲まさなかったらいまここにアーはいたか?
とは全く思わない

が、
いつもではないことをしたことで

アーも自分も苦しめた



昨夜

あまりよくないあなこばんびに

ブドウ糖をシリンジで与えた


三口ほど飲んだ後


ガクガクと痙攣しだし

かつて聞いたことのない奇声をあげて暴れ

あたしは

もう最後だと覚悟した

抱きながら慌てず

反応がないその舌の上にブドウ糖液を垂らし続けた


2時間ほどしたころ

あなこが動き出した


チャンス!と


AD缶と、

たまったまあった鶏肉を生のまま混ぜて与えたら


とんでもない格好だけど食べ出した





これは1ヶ月くらい前の発作の後





あなこも最初の発作から2年半以上

何度も心臓が飛び出す

落っことす気持ちを味わった




アーをなくす前々日



マーと
薬を取りに来ていた


ここを3週間前

アーは堂々と退院したんだ



酸素室なかで

立っていた





はじめは


知らない子だった






毎日

毎日が宝です




自家製メロン!

割ったらちゃんとめろん!





スニーと記念撮影











暗い話でごめん



それでも生きていかなきゃいけないのが人生さ


あんな愛しい子と暮らせたんだ

あたしはなんて幸せ者なんだろう



























にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

★チワワブログランキングへ★


おうちごはん ブログランキングへ



2005年2月

ムーのこゆびとは

千歳空港に到着

たった一つの
大きな使命

運命に呼ばれ


一ヶ月ほど前に
あたしが画像で心奪われ即決

今思えば一億でも安い

小さな宝物

アミュに会うために

電車を乗り継ぎ

雪道を行く



三日後

アミュは空の旅
西貨物ANA

マーガレットのキャミソールを着ていた




それからたくさんの月日が流れ

アーは我が家のリーダー



ブログを書き始め

アーのモデルっぷりはヤバかった



アーがいるからパンを焼き




ケーキもね




犬服も
ベッドも
だってアーは

あたしの作品が出来上がるともう
待機していたんだもん




カメラを向けると



気迫すら感じさせることがあった



この階段


アーのステージ



そんなアーが

体調を崩し

一晩入院し

今夜が峠と言われて退院した







時折

酸素室から出て花や風に当たり



寝ずの看病




通院は酸素室ごと




あい



してた





あい




愛しかなかった



宝だった




レンタルの酸素室のほか

あたしの誕生日プレゼントに酸素室を購入した


その晩

とてもよくない状態になり

むーのこゆびとを東京から呼んだ




アーの顔を見るなり

顔を振って涙を飛ばすようにしてこう言った


【死ぬ顔じゃないよ】

あたしは

むーのこゆびとに任せそのままぶっ倒れるように寝た

30分ほどして目を覚ますと

ムーのこゆびとが酸素のマスクをアーに当てていた

そして一緒に呼吸をするように
アーと魂を一つにするように

ろうそくの炎が揺れるみたいな

あたしの誇りがふたつ、

目の前にあった




繰り返す
2005年2月

【いま千歳着いた

ブリーダーさんに連絡して行きかたを聞いた

行ってもいいって言ってくれた

今から行って来る!】


まもなく
ムーのこゆびとの膝の上の小さなアーの写メが送られて来た


【どんな子?】

の問いにひとこと

【あまえんぼ】





愛してた



酸素室の中のアーを二人で見詰める

むーのこゆびとが言った

【あなた

1000頭のチワワの写真から
この子選んだんだっけね?】


【馬鹿言いなさんな
100万頭だよ】

と答える


冗談のように発した言葉とは裏腹に

そこに無垢な
神聖な空気が流れてしまった

【よく、、】

【よくこんな子を選んでくれたね】
のあと

部屋に充満するあの空気

むーのこゆびとに天使の羽

もうこれ以上は優しく言えないであろう声で

【ありがとう】



あたしたちのレジェンドは

背中でこの言葉を聞いていた

まるで牧師様のように




それから一週間

衰える食欲
体力

それでもアーは毅然としようとしていた

最後に支えてチッチしたあの背中

酸素室から出して

神社にも走って行った




その神社で10日前

小さな子供にバイバイまたね


あたしには聞こえた

アーは

またね、はないの
ごめんね

と言っていた




そしていつまでもその子を見ていた




その日

ストロベリーのアイスクリームをひとなめし


いつものように庭でチッチをして

そのまま

あたしは

アーを抱きしめ

風が吹き

強い風が吹き

アーの目を見つめて




もう

もういいから

もう

いけ

いくんだ





胸の中から波が溢れるように

生涯大切に持ち続けた愛情で

アーの魂を切った

解き放ったなんて

そんな余裕なんかない
素敵なものじゃない

初めてアーと出会って抱きしめた

その日の何十倍の愛を持って

アーの魂を自由にした










今年の薔薇は

特別に綺麗だと言ってくれたご近所さんがいた



アーちゃん

聞こえた?










愛してたんだ










雨に濡れないように







久々のブログで

狭い血管にいっぺんに血が流れたような

感情のラッシュアワーみたいになって

でも
うまく表現できない方がいいのかもしれない

ごめん

今日は
これで精一杯だ





【アーに

海を見せるって

去年約束したんだ】


そうブログに書いてから6年




あたしには夢がある





アーちゃん

叶ってしまったよ





インスタにも書いたけど

息を殺して

アーとあたしたちの心配を
ただ黙って祈ってくれた方々

言葉にすることの方がどれほどeasyか?

心の中で温めることがどんだけ大事か?そして
辛いか?

痛いほどわかってるつもり



だからなるべく
独り言みたいに
そのまま書かせてもらった

スカスカな文でさ

足りないこと一杯で





愛ってさ

もとの場所に戻すことかもしんないな






あぁくるしかった

過呼吸になりそうだった

涙乾いたらまだまだ

まーだまだたくさん話は尽きず

また聞いてよね



バナーの貼りかたもちと忘れたけど!
ポチッとしてもらえると頑張るよー


にほんブログ村 犬ブログ チワワへ



にほんブログ村


















にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

★チワワブログランキングへ★


おうちごはん ブログランキングへ

最初にポチポチっとしてから読んでねぇ~~


にほんブログ村 犬ブログ チワワへ



にほんブログ村











寝坊したくて日曜日の朝

ぜーんぶホームベーカリーで

タイマーセットして



これは天然酵母パン🍞も焼ける優れもので

新しいホームベーカリーは

羽根による穴ぼこがチッコいのに感動



膨らみがよすぎたかも





さりげなくマー君ちゃんも参加





ちびちびストウブでゆで卵作る
そのまま鍋でマッシュ

右は酸っぱいのが好きな姪用にマヨネーズ

お酢が多いので柔らかい



まだいる^_^



シグマ単焦点レンズ






Canon純正レンズ
24-105



向こうにひかりに透けそうにめーるのは

マー君ちゃん



タイムマシンに乗ろう

2014年8頭で過ごした夏




この夏




とても暑くて





スイカ🍉を切る音でみんな集まってきた

ここに元気でいるトト12歳が




お腹パンパンになり続け

閉塞性の支給蓄膿を疑い

高齢ではあったけど手術に踏み切った

なぜすぐ主治医の元で
手術できたか?というと他に急患がいなかったからで

そういった事情はなにもワンコたちに限らずだとあたしは

言うなれば
諦めている




パンパンに腫れ上がった中身は膿ではなく



子宮水腫というやつだ

この手術から3ヶ月後

トトは失明する



じゃあ手術しなければ失明しなかったか?といえば
そんなことはないと思ってるし

た、ら、れば、は

いまここにいるトトに失礼だよね






トトが手術終えた朝




窓辺はいつも

大切にしていたい



天井にシーリングファン取り付けた秋



これは階下

風が好きなんだ



母は大学病院に入院してたけど

3ヶ月後経った頃

半ば強引に転院を迫られた



その時まで知らなかった

3ヶ月を過ぎると
病院側の儲け?だかなんだかが極端に減るっぽい

大人の事情




父と別れの時

母との別れの時

病院側の大人の事情をよく理解してなかったあたしは

いいたかないけど

そらー傷付いた

胸ぐら掴んで

もう一回言ってみろ!

抑える代わりに傷付いた




この夏のサンドウィッチ



この大人がまだ小さかった25年前

あたしは新潟の大学病院にいた

この子の祖母
あたしの義理母は

小学生で父親を
14歳で妹を
そして二十歳の息子を事故で亡くした


まだ元気だった頃
「この布団は
お兄ちゃんの好きだった柄なので
中身の綿は捨てても生地は捨てないで」

とあたしの目を見ないで言った

突然亡くなった実息子への気持ち

あたしが聞いたのはその一言しかなかった

それだけ
思いは深かったんだろう





冷たく白い死の淵で

帰りたい

帰ろう

と義理母が言った

主治医に

家で死なせてやりたい

と伝えたのは普通のことだと思う

その時の主治医の台詞は

「帰りたいというのは

具体的に自分の家

という意味ではないと思います

今の状況から抜けて
何処か別の場所に、という意味ではないかと。

僕も癌で身内を亡くしましたので
お気持ちはお察しします。」


いままで医者から聞いた台詞のなかで
最も心に残る名台詞だった



親や自分のことはいいや

でもこの子たちね


この子たちと生きていくって決めたその日からね



ノー!と言ったり



その薬は要りません、って言ったり




採血下手な『あんた』じゃダメだ

院長を呼んで




そう言っていいんです



すみれ色の空



今日もみんな元気



あの日

【入院はさせません

発作を抑える注射だけ打ってください】

初めての重積発作

【入らないでください】
と言われたドアをこじ開けて

うちの子にいまなにをしてるのか?
なんであたしに見せられないのか?

帰ります
連れて帰ります


あれから2年

バンビは
あなこ、なんていう素敵な名前までも一個もらった^_^




あの夏
色んなことがあった

これはひまわり畑に伸びた葛の葉っぱで染めた布



麻のシャツも葛色に染めた

カッコつけてるのは

スッピンで寝癖だからだよ^_^




















ストウブ鍋と
植木鉢は
大は小を兼ねない、のだよね






鉢界のロールスロイス


ロールスを自分で運転する人に

なんでこんな車乗ってんの?って聞いたら

「みんなが避けてくれるから」

だって^_^





この価格帯で天然酵母パンが焼けるって!!






あたしは2年前にこれ買ってみた

底の穴が小さいことに驚いたし
羽根の回転数がいく通りにもなってるのには感動した

なによりこのブランドのを使ってみたかったけど、

しょーじき美味しさは、6000円のとまったく変わらなかった













にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

★チワワブログランキングへ★


おうちごはん ブログランキングへ





























おすすめペットシート
 






生肉を50パーセント以上使用の国産フード






最新記事